スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告

ファイナルファンタジーXIVのオフィシャルベンチマークが登場したので試してみた

ファイナルファンタジーXIV オフィシャルベンチマーク

ファイナルファンタジーXIV オフィシャルベンチマーク

次期FFオンラインこと、ファイナルファンタジーXIVのベンチマークソフトが公開されました。ゲーム自体はやる予定ないですが、ベンチマークは興味があるので試してみました。

ベンチマーククライアントのダウンロードはインテルの特設ゲーミングサイトから。ファイルはzipで172MB。ダウンロードして解凍したらインストール作業不要ですぐに実行できます。

ベンチマークにあたって使用したマシンの概要は以下のとおり。

OS Windows XP Home Edition SP3
CPU Intel Core2Duo E8400@3GHz
メモリ DDR2 PC2-6400 8GB(システム:3G、RamDisk:5GB)
GPU GeForce 7600 GS
HDD WD3200AAKS(320GB/7200rpm/キャッシュ16MB)

▼以下の初期設定のままベンチマークをしてみました。
初期設定

▼以下は実行中の画面。画面真っ暗で音だけしか出ない。
ベンチマーク実行中

▼スコア結果。Scoreはたったの308。
Score308

▼公式のスコア別動作状況早見表

スコア 動作状況
8000以上 非常に快適
5500~7999 とても快適(描画品質高くても快適)
4500~5499 快適
3000~4499 やや快適
2500~2999 普通(標準的な動作)
2000~2499 やや重い
1500~1999 重い(コンフィグで環境下げても厳しい)
1500未満 動作困難

まあGeForce7600GSじゃ最新の3D MMOをプレイするのが無理なのは百も承知ですが、画面描画すらされなかったのはちょっと笑いました。カクカクながらも表示くらいは出来るだろうと思っていましたが甘かった。

昔はMMO RPGやっていたけど(といってもやってたのはMMO RPGでは動作が軽めのROでしたが)、今は重いゲームやらないのでGPUはファンレスで省電力のものでOKになってしまったのですよね。そんなわけで今回のベンチマークは完全敗北。

ちなみに前作にあたるFF11のベンチマークソフトであるヴァナディールベンチでは、上記のマシン構成でのスコアは、Lowが約10700、Highが約7700でした。すでに古いベンチマークなのでもうあまり参考にならんですが。ヴァナディールベンチはGPUが若干弱くてもCPUが強いとスコアが上がりやすい傾向にありましたしね。

◆◆◆

まだ起動必要スペックが公開されていないようなので、どれくらいのPCスペックが必要なのか不明ですが、GPUがGeForceGTX275でスコア4000くらいらしいので、とても快適に動作させたいなら、GPUはGeForceならGTX470前後、RadeonならHD5870前後クラスのカードが必要ではないか、という印象。どう見てもハイエンドクラスです。人によっては電源ごと交換しないといけないレベル。

CPUはデュアルコアでもいい気がしますが、もしCore i7クラスのクアッドコア必須となると、かなり敷居が高くなりそう。

CPUにしろGPUにしろ、ノートPCユーザーのマシンスペックではかなり厳しい、あるいはプレイ無理なんじゃないでしょうか。最新のゲームとはいえ、厳しいですねえ。


以下、2010/6/17 0:02追記

BTO PCショップのサイコムがベンチマークの結果をまとめているので、紹介&引用しておきます。

Twitpic - FF14 bench score

RADEON HD5870 1GB (Sapphire HD5870 GDDR5 1GB) 1920x1080 SCORE:4641
RADEON HD5850 1GB (MSI R5850 Twin Frozr II) 1920x1080 SCORE:3957
RADEON HD5770 1GB (GIGABYTE GV-R577UD-1GD) 1920x1080 SCORE:2521
RADEON HD5750 1GB (HIS H575FN1GD) 1920x1080 SCORE:2121
RADEON HD5670 512MB (Sapphire HD5670 512M GDDR5) 1920x1080 SCORE:1401
GeForceGTX480 1.5GB (EVGA 015-P3-1480-AR) 1920x1080 SCORE:3843
GeForceGTX465 1GB (EVGA 015-P3-1465-KR) 1920x1080 SCORE:2582
GeForceGTX285 1GB (ELSA GLADIAC GTX285 V2 1GB) 1920x1080 SCORE:2826
GeForceGTS250 1GB(EVGA 01G-P3-1145-TR) 1920x1080 SCORE:1753
GeForceGT240 512MB(ECS NGT240-512QI-F) 1920x1080 SCORE:1078

条件がLowではなくHighでの結果ですが、これは厳しい。全体的にRadeon勢のコストパフォーマンスが高く、GeForce勢のスコアの伸びが悪いですね。SLIやCrossFireしろとおっしゃいますか。

▼スポンサードリンク

記事URL | Trackback(0) | Comment(0) | PC
1つ後の記事:フォントがどのように見えるかリアルタイムで確認できてCSSも書き出せるサービス『Typetester』
1つ前の記事:スポンジを押し当てたようなエフェクトが描けるPhotoshopブラシ【1ファイル10種類】


















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://webclipping.blog122.fc2.com/tb.php/132-bd221269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。