スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告

Windows7のXP Modeがハードウェア仮想化対応不要で使用可能に

Windows7のXP Modeがハードウェア仮想化対応不要で使用可能に

Windows 7のXP Mode、ハードウェア仮想化技術なしで利用可能に - ITmedia News
MS、「Windows 7」の「XP Mode」でハードウェア仮想化対応の要件を廃止:ニュース - CNET Japan

Windows7のProfessional、Enterprise、Ultimateの3つのエディションにはWindows XP Modeが搭載されており、これはCPUとマザーボードの両方が仮想化技術に対応していないと使用不可でしたが、今後はその要件が不要になるようです。

使用不可な既存ユーザーがXP Modeを使用するには?

ハードウェア(CPUとマザーボード)が未対応のWindows7ユーザーは、以下のパッチを適用することで使用できるようになるようです。

ダウンロードの詳細 : Windows 7 用の更新プログラム (KB977206)

この更新プログラムをインストールすると、Windows Virtual PC および XP モードを実行するために必要な前提条件がなくなります。

この変更によって、仮想化技術の非対応が多いCeleronなどでも動作させることができるのはなかなか大きいと言えます。特に大きな恩恵を受けるのは、ハードウェアを容易に入れ替えることができない企業ユーザーでしょう。

とはいえ、XP Modeをスムーズに動作させるとなると、やはりそれなりのCPUやメモリが要求されることが想定されるので、これからWindows7のXP Modeの使用を考えている人は、それなりの性能のPCを導入することが推奨されるでしょう。

▼スポンサードリンク

記事URL | Trackback(0) | Comment(0) | PC
1つ後の記事:チョコレートの素敵なパッケージデザイン40種
1つ前の記事:レトロな雰囲気満載 タイプライターの写真51枚


















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://webclipping.blog122.fc2.com/tb.php/14-5ac2abba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。