スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告

男性型脱毛症への適切な治療は?皮膚科学会が指針まとめる

リアップ○・育毛剤?・人工植毛×…皮膚科学会 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

額の生え際や頭頂部の髪が薄くなる男性型脱毛症について、日本皮膚科学会が初の診療指針をまとめた。

治療薬や育毛剤成分、植毛などの対処法を5段階で評価し、塗り薬「リアップ」(成分名・ミノキシジル)と、飲み薬「プロペシア」(成分名・フィナステリド)の2種を最も高いA評価とした。

ちょっと気になるニュース。男性型脱毛症の診療に関して皮膚科学会が指針をまとめたそうです。元記事の表は見づらいので、表だけ以下にまとめなおし。

  評価 治療
A 強く勧められる ・リアップ(成分名ミノキシジル)
・プロペシア(成分名フィナステリド、男性の場合)
B 勧められる 自毛植毛
C1 考慮してもよいが、
十分な根拠がない
以下の育毛剤成分
・t-フラバノン
・アデノシン
・サイトプリン
・ペンタデカン
・ケタコナゾール
C2 根拠がないので勧められない 飲み薬の1種類(成分名セファランチン)
D 行わないよう勧められる ・人工毛植毛
・プロペシア(女性の場合)

ちなみに、「対処はAとC1をまず推奨し、1年経過後に効果が表れない場合はBを勧める」だそうです。

▼スポンサードリンク

記事URL | Trackback(0) | Comment(0) | ニュース
1つ後の記事:明るめのグランジ風高解像度テクスチャ25枚
1つ前の記事:渦巻き模様が描けるPhotoshopブラシ【1ファイル8種類】


















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://webclipping.blog122.fc2.com/tb.php/55-1a8cc190
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。