スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告

Firefoxをようやく3.6系にしたので、その際に行ったバックアップやコンフィグ、アドオン等のメモ

Firefox3.6.3

先日、ようやく今まで使っていたFirefoxを3.0.19から3.6.3にアップグレードしたので、その際に行ったバックアップやインストールしたアドオン、コンフィグをメモ。

アドオン設定のバックアップ

クリーンインストールをするつもりだったので、まずは使用している一部アドオンの設定をバックアップする。エクスポートしたファイルは、Firefoxとは関係ない適当な場所に保存。

◆Tab Mix Plusの設定バックアップ。設定→設定をエクスポート
Tab Mix Plusの設定バックアップ

◆FireGesturesの設定バックアップ。ツール→バックアップ
FireGesturesの設定バックアップ

◆All in one Sidebarの設定バックアップ。詳細設定→エクスポート
All in one Sidebarの設定バックアップ

◆NoScriptの設定バックアップ。エクスポート
NoScriptの設定バックアップ

◆RefControlの設定バックアップ。ファイル→書き出す
RefControlの設定バックアップ

ブックマークのバックアップ

ブックマーク→ブックマークの管理
ブックマークのバックアップ 手順1

インポートとバックアップ→バックアップ
ブックマークのバックアップ 手順2

ユーザーデータのバックアップ

「C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Mozilla\Firefox\Profiles\ランダムなフォルダ名.default」の中にある以下のものを別フォルダにコピー(バックアップをとる)。

  • user.js
  • chromeフォルダ
  • gm_scriptsフォルダ(GreaseMonkey用のスクリプト)
  • searchpluginsフォルダ(Firefoxに追加した検索エンジン)

旧バージョンの削除と新バージョンのインストール

Firefoxの更新機能を使わずに、手動で3.0.19をアンインストールし、3.6.3をインストール。クリーンインストールする理由は、更新機能でアップグレードしたらひどい目にあったため。

インストールしたら1回起動し、すぐに閉じる。

ユーザースクリプトのコピー(復元)

「C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Mozilla\Firefox\Profiles\ランダムなフォルダ名.default」の中に、バックアップしていた「user.js」をコピー。

ブックマークの復元

Firefoxを起動し、ブックマーク→ブックマークの管理→インポートとバックアップ→復元→ファイルを選択、でブックマークを取り込む。

アドオンのインストール

Firefoxを起動し、各種アドオンをインストール。インストールしたアドオンは以下。

ブラウザの操作関係を快適にするアドオン

Web閲覧を便利にするアドオン

  • Parent Folder:1つ上のディレクトリに移動する、のボタンをつける。それだけ。
  • NoScript:許可したサイトのみJavaScriptをはじめとしたスクリプトを実行させる。ただし、スクリプトを不許可にすると動作しないページも多いので、中級者以上向け。
  • IE View:Firefoxで表示しているページでIEを起動できる。同様なものにIE Tabがあるが、私はこちら派。
  • Screengrab:Webページのスクリーンショットをとる。
  • テキストリンク (Text Link) :ハイパーリンクになっていないURLでもダブルクリック等でとべるようにする。
  • SearchWP:検索語句のハイライトとジャンプができる。
  • FoxyProxy Standard:Proxy切替。前は「SwitchProxy」を使っていたけど、3.6以上では動かないのでこちらに移行。(※SwitchProxyは3.6に対応とあるが、実際は対応していない。インストールできるが、設定しようとするとウインドウがフリーズする)
  • PageRank Checker:ステータスバーにGoogle PageRankを表示させる。それだけ。ちゃんと3.6に対応している。
  • RefControl:リファラーをいじれる。特定サイトで便利。
  • Hatena Bookmark:はてなブックマークを便利に。はてブユーザーなので。
  • Greasemonkey:スクリプトを実行してページの書き換えとかができる。これ単体では何の意味もなし。私は以下のスクリプトを使用中。

Greasemonkey用のスクリプト

アドオンの設定復元

最初にバックアップした各種アドオンの設定をインポートして読み込む。

インポートが終わったら、Firefoxを終了し、最初にバックアップした以下のユーザーデータのフォルダを「C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Mozilla\Firefox\Profiles\ランダムなフォルダ名.default」の中に貼り付ける(上書き)。

  • chromeフォルダ
  • gm_scriptsフォルダ(GreaseMonkey用のスクリプト)
  • searchpluginsフォルダ(Firefoxに追加した検索エンジン)

Keyconfigの設定

ツール→キーボードショートカットのカスタマイズで、keyconfigの設定を追加する。
Keyconfig

私が追加したのは以下の6項目。

前のタブへ移動

gBrowser.mTabContainer.advanceSelectedTab(-1,true);

次のタブへ移動

gBrowser.mTabContainer.advanceSelectedTab(1,true);

私はSleipnirユーザーでもあるので、タブをキーボードで移動できないと困るので。Sleipnirはサブブラウザとして使用しています。

URLをコピー

var w = window._content;
var d = w.document;
var txt = d.location.href;
const CLIPBOARD = Components.classes["@mozilla.org/widget/clipboardhelper;1"].getService(Components.interfaces.nsIClipboardHelper);
CLIPBOARD.copyString(txt);

ページタイトルをコピー

var w = window._content;
var d = w.document;
var txt = d.title;
const CLIPBOARD = Components.classes["@mozilla.org/widget/clipboardhelper;1"].getService(Components.interfaces.nsIClipboardHelper);
CLIPBOARD.copyString(txt);

ページタイトルとURLをコピー

var w = window._content;
var d = w.document;
var txt = '■' + d.title + '\n' + d.location.href + '\n';
const CLIPBOARD = Components.classes["@mozilla.org/widget/clipboardhelper;1"].getService(Components.interfaces.nsIClipboardHelper);
CLIPBOARD.copyString(txt);

これを使用した場合は以下のような書式でコピーされます。

■clipping[クリッピング]
http://webclipping.blog122.fc2.com/

タイトルとURLをHTMLタグ形式でコピー

var w = window._content;
var d = w.document;
var txt = '<p>◆<a href="' + d.location.href + '" target="_blank">' + d.title + '</a></p>\n\n';
const CLIPBOARD = Components.classes["@mozilla.org/widget/clipboardhelper;1"].getService(Components.interfaces.nsIClipboardHelper);
CLIPBOARD.copyString(txt);

これを使用した場合は以下のような書式でコピーされます。

<p>◆<a href="http://webclipping.blog122.fc2.com/" target="_blank">clipping[クリッピング]</a></p>

最後に改行コードが無駄に入っていますが、テキストに多数コピーするには改行があったほうが便利なのでこうしています。もともと「オートアンカーFx(Firefox版)」を使っていたのですが、Firefox3.6では動かず・・・。代わりに「Make Link」を使おうと思いましたが、コピーするのが毎回アンカー形式のみだったので、キーボードショートカットにしたほうが便利、ということでこうなりました。

今後入れる予定のアドオン

必要になったら入れる予定のアドオン

  • Adblock Plus:広告ブロック。あからさまに邪魔くさい位置に広告がでてくるサイトがあるならば入れる予定。
  • SQLite Optimizer:SQLiteDBの最適化。Firefoxが遅くなってきたら。
  • Firebug:Web制作者必携。ちと重いので後回し。

一応こんな感じ。あとはツール→オプションでこまごまと設定しなおしたくらい。

3.6系になったことで、ようやくCSS3の表示がちゃんと見えるようになりました。

速さの向上に関しては、あまり体感できませんが、以前のバージョンでも特にもっさりすることなく動いていたので不満なし。

▼スポンサードリンク

記事URL | Trackback(0) | Comment(0) | ソフトウェア
1つ後の記事:音声・動画ファイルから音声を抽出してMP3、AAC、WMAなどに変換するソフト『Any Audio Converter』
1つ前の記事:デザインはすごいが、ちとグロい誕生日ケーキいろいろ


















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://webclipping.blog122.fc2.com/tb.php/73-a4bd35eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。